二〇一五年皐月

二〇一五年皐月三十日

鉄道車両のお値段

「仙石東北ラインに交直流電車を入れずにディーゼルを入れるのはコスト削減のためだ」って言う人を見たけど、実際安いのか?

一般形直流電車
313系1300代(5次車) 1.8億円
※50億円/28両
ソース:プレスリリース(26年7月16日)

一般形交直流電車
TX-2000系(2次車) 1.8億円
※33億円/18両
ソース:第21期有価証券報告書

一般形交流電車
青い森703系 2.0億円
※8.0億円/4両
ソース:事業報告(第13期)
 
 一般形気動車
キハ25形(2次車) 2.3億円
※120億円/52両
ソース:プレスリリース(25年3月14日)

観光用ハイブリッド気動車
HB-E300形 3.5億円
※14億円/4両
ソース:観光列車「リゾートしらかみ」に新車両 JR東日本 - 朝日新聞デジタル 

※一部データには付帯費用も含まれています。

 HB-E210はHB-E300のお値段よりは安いはずだけどなかなかなお値段がしそう。
 電気関係の整備費用も考えるとHB-E210の方が安くなるのかもしれませんが…まあ、短絡線上で止まる運用になっている以上、あそこにデッドセクションは設置できません。


あれだけケチくさいと言われてるキハ25形2次車が実際高かった…





このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
iliketrain at 21:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)鉄道 

二〇一五年皐月廿九日

Lazarusでファイルを開く 2

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
iliketrain at 22:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Lazarus 

二〇一五年皐月廿四日

ATS-PTプラグイン ver 3.3.2

BVE向け ATS-PTプラグインがver 3.3.2に、BVE車両パラメータ・PTプラグイン設定ファイル編集ソフトptconfigがver 0.4になりました

▼PTプラグイン
主な変更点
・架線電圧の計算を毎フレーム→毎秒4回に変更。

・架線電圧上昇に伴う回生絞込時のBC圧上昇計算を毎フレーム→2秒に1回に変更

・設定ファイルに[MEITETSU]セクションを追加
※現在[TRAIN]セクションにあるOSRは将来的に[MEITETSU]セクションに移動します。 

・[MEITETSU]セクションのPRRを1にすると、名市交式の乗車促進ベルが可能
※保安キー(L)キーを押している間sound[ats23]を無線ループ再生、保安キー(L)を離すとsound[ats23]を2回再生

▼ptconfig
・PT向け信号地上子設定にて2行目の距離程が4000より大きいとエラーが出たのを修正
※その他の行間の距離程差が4000mを超えているとエラーが出るのは仕様です。
・レイアウトの修正 


公開ページは右カラムから 


このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
iliketrain at 23:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)BVE開発 

RaspberryPi2 with Windows10 その2

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
iliketrain at 22:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Raspberry Pi 

二〇一五年皐月廿三日

RaspberryPi2 with Windows10 その1

 今年の2月の頭に発売開始となったRaspberry Pi 2。Microsoftがラズパイ向けのWindow10を公開すると発表し話題になりました。
 リリースされるの夏頃かなぁと思って忘れていたらいつの間にか公開されていたのでやってみます。

 続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
iliketrain at 00:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Raspberry Pi 

二〇一五年皐月十九日

Lazarusでファイルを開く 1

DLLとVBでの共有メモリでのやりとりがうまくできなかったので、Lazarusでやってみることにした。
久しぶりのLazarus

 続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
iliketrain at 21:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Lazarus 

二〇一五年皐月十六日

VB.netでメモリを覗いてみるテスト 1

ATS-PTプラグイン(C++製DLL)内の変数をリアルタイムで観察したい、でもBVEの画面内に表示させようと思うと画像を作成してパネルファイルを修正してとめんどくさい。ということで、

DLL起動時に変数のポインタをゲットして文字列としてテキストファイルに出力
 ↓
VB.net製のソフトを起動し、テキストファイルを読み込んで指定アドレスの値を読み込んで画面に表示

というのを企てました。

共有メモリーの方法もあるようなので、そっちのほうがエラーも出ず楽なのかな…?

(後日談)
共有メモリーの方法は読み取りできずに失敗しました。
ここで時間をくっててもしょうがないのでとりあえずは無期限休止
 

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote