Ruby 開発環境準備 (Windows7) 1遠鉄バス

二〇一五年卯月五日

Ruby 開発環境準備 (Ubuntu) 3

最初:Ruby 開発環境準備 (Ubuntu) 1
前回:Ruby 開発環境準備 (Ubuntu) 2

Ruby on Rails(4.2.1)とMySQL等を入れます。

 

参考 Ubuntu 12.04 LTS に MySQL をインストールする
   Ruby on Rails 3.2 を Ubuntu にインストールする手順をかなり丁寧に説明してみました

・必要な物をインストール
$ sudo apt-get install curl g++
$ sudo apt-get install zlib1g-dev libreadline-dev libyaml-dev libxml2-dev libxslt-dev
$ sudo apt-get install sqlite3
$ sudo apt-get install libsqlite3-dev


・MySQLのインストール
$ sudo apt-get -y install mysql-server

・railsのインストール
$ gem rails install
$ rbenv rehash


・作業フォルダの作成(testディレクトリを作成)
$ cd
$ mkdir test


・新規アプリケーションの作成(hogeを作成)
$ cd test
$ rails new hoge --skip-bundle


・Gemfileの編集
$ sudo nano Gemfile
開いたら、
# gem 'therubyracer' , :platform: :ruby
となっている行を探し、コメントアウトを外す(行頭の# を消す)
Ctrl+Oで保存し、Ctrl+Xでエディタを閉じる

・依存パッケージのインストール
$ bundle install

・簡単なユーザー管理機能の作成
$ rails g scaffold user name:string mail:string
$ rake db:migrate


・アプリケーションの起動
$ rails s
ブラウザでhttp://locaalhost:3000/userにアクセスし、[New User]をクリック。テキストボックスに何か入力した後、[Create User]をクリックすると、ページの上部にUser was succesfully created.と表示されればOK

※アプリケーションを停止させるときはCtrl+C




このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
iliketrain at 11:48│Comments(0)TrackBack(0)Ruby 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Ruby 開発環境準備 (Windows7) 1遠鉄バス