あけおめ2011 [128]はげしく誰得な313系分類フローチャート

二〇一一年如月四日

あの議論[134]

 「東」を捨てたらダブロンくらってハコって涙目のハルピーです。

 さて、先日セントラルライナーの種別についてtwitterで疑問を呈しました。その結果、セントラルライナーの種別は、快速[1]、セントラルライナー[2]、ライナー[1]という回答を頂きました。結論は出ないといいましたが意見を頂いただけで自分の考えを述べないのはいかがなものかということで、こちらに書いてみます。

 非鉄の方にも分かるように説明しますよ。



 まず種別とは何ぞやということですが、「普通」とか「新快速」とか「特急」とか列車の種類を表す記号みたいなものです。名鉄には「ミュースカイ」なんていう愛称みたいな種別もあります。

 さて、JRでは大きく分けて2つの種別があります。「急行」と「普通」です。
 「急行」とは乗車するのに運賃や座席料金以外の料金が必要な列車です。細かく分けると[急行][特別急行(特急・寝台特急)]の2つです。新幹線は特急列車なのでこちらに入ります。
 「普通」とは急行以外の列車です。青春18きっぷに書いてある「普通列車」とはこのことを指しています。ですので、[快速]や[新快速]やホームライナーに18きっぷで乗ることができるのです。そもそも[普通]≒[各駅停車]ですからねぇ...

 さてさて、本題のセントラルライナーです。セントラルライナーとは、中央西線の名古屋と中津川を結ぶ列車です。中津川周辺の方々の要望により[快速]列車を格上げする形で誕生しました。名古屋-多治見間を乗車するには310円の乗車整理券が必要です。「多治見以北の需要を考えると短い編成で走らせたいけど、多治見で切り離すのはめんどくさいし、短いと名古屋付近が大混雑になってしまう。だったら名古屋-多治見間を有料にすればいいじゃん」というJRと、名古屋方面に早く行きたいという中津川民の思惑が一致してできたような列車です。
 中央西線においては、[普通]<[快速]です。ということでセントラルライナーは[普通]ではない。そして、[快速]の格上げという形で誕生したので[快速]でもない。かといって[新快速]はふさわしくないと思う。ということで、私の見解は「セントラルライナーの種別は[セントラルライナー]である」です。同様にホームライナーの種別も[ホームライナー]だと。それかまとめて[ライナー]という種別か。繰り返しますが、あくまでも個人的な意見です。

 こういう議論は頭をフル回転させないといけないから苦手だなぁ。あ、もちろんセントラルライナーは「普通」なので18きっぷで乗れますよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
iliketrain at 12:00│Comments(0)TrackBack(0)鉄道 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
あけおめ2011 [128]はげしく誰得な313系分類フローチャート